« June 2017 | Main | August 2017 »

July 2017

July 25, 2017

沖縄!!映画「標的の島ー風かたか」★山城博治(沖縄平和運動センター議長)・を聴く。

2017年7月X日
【沖縄】
①2017年6月23日(金)「沖縄慰霊の日」
★誓い~私達のおばあに寄せて
 沖縄県立宮古高等学校3年
    上原 愛音(ねね) さん

今日も朝が来た。
母の呼び声と、目玉焼きのいい香り。
いつも通りの朝が来た。 
72年前
おそろしい あの影が忍び寄るその瞬間まで
おばあもこうして
朝を迎えたのだろうか。
おじいもこうして
食卓についたのだろうか。

爆音とともに
この大空が淀んだあの日。
おばあは
昨日まで隠れんぼをしていたウージの中を
友と歩いた砂利道を
裸足のまま走った。
三線の音色を乗せていた島風に
鉄の臭いが混じったあの日。
おじいはその風に
仲間の叫びを聞いた。

昨日まで温かかったはずの冷たい手を握り
生きたいと泣く
赤子の声を抑えつけたあの日。
そんな日の記憶が
熱い血潮の中に今も確かにある。
決して薄れさせてはいけない記憶が
私の中に
確かに刻まれている。
少女だったおばあの
瞳いっぱいにたまった涙を
まだ幼かったおじいの
両手いっぱいに握りしめたあの悔しさを
私たちは確かに知っている。
広がりゆく豊穣の土に芽吹きが戻り
母なる海がまた
エメラルドグリーンに輝いて
古くから愛された
唄や踊りが息を吹き返した今日。
でも
勇ましいパーランク―と
心臓の拍動の中に
脈々と流れ続ける
確かな事実。

今日も一日が過ぎゆく。
あの時と同じ刻(とき)が過ぎゆく
フェンスをとびこえて
絞め殺されゆく大海を泳いで

癒えることのない
この島の痛み
忘れてはならない
民の祈り

今日響きわたる
神聖なサイレンの音に
「どうか穏やかな日々を」
先人達の願いが重なって聞こえる。

おばあ、大丈夫だよ。
今日、私たちも祈っている。
尊い命のバトンを受けて

祈っている。
おじい、大丈夫だよ。
この島にはまた
笑顔が咲き誇っている。
私たちは
貴方方の想いを
指先にまで流れるあの記憶を
いつまでも
紡ぎ続けることができる。

誓おう。
私達はこの澄んだ空を
二度と黒く染めたりしない。
誓おう。
私達はこの美しい大地を
二度と切り裂きはしない。
ここに誓おう。
私は、私達は、
この国は
この世界は
きっと愛しい人を守り抜くことができる。
この地から私達は
平和の使者になることができる。

六月二十三日。
銀の甘蔗(かんしょ)が清らかに揺れる今日。
おばあ達が見守る空の下
私達は誓う。
私達は今日を生かされている。
(終) 礼!
◎ウージ=サトウキビ
◎バーランクー=手持ちの片張り太鼓
◎甘蔗=サトウキビの別名
ーーーーーーーー
礼!合掌!
ーーーーーーー
★沖縄全戦没者追悼式
翁長雄志 知事の「平和宣言」★
を読む。

72年前、ここ沖縄では、住民を巻き込んだ激しい地上戦が繰り広げられました。
昼夜を問わない凄まじい空襲や艦砲射撃により、自然豊かな島の風景、貴重な文化遺産、そして何より尊い20数万人余りの命が失われました。
戦争の不条理と残酷さを体験した沖縄県民は、何をおいても命こそが大切であるという「命(ぬち)どう宝」の思いを胸に、戦争のない、平和な世の中を希求する「沖縄のこころ」を強く持ち続けています。

戦後、沖縄は27年に及ぶ米軍統治を経て、念願の本土復帰を果たしました。
沖縄県民、そして多くの関係者の尽力により、現在、沖縄は国内外から多くの観光客でにぎわうなど、大きな発展を遂げつつあります。
その一方で、戦後72年を経た今日においても、この沖縄には依然として広大な米軍基地が存在し、国土面積の約0,6%に過ぎない島に、米軍専用施設面積の約70,4%が集中しています。

復帰すれば基地負担も本土並みになるという45年前の期待とは裏腹に、いまだ私達は、米軍基地から派生する事件・事故・、騒音・環境問題などに苦しみ、悩まされ続けています。
・・・・・
全文読むべし!
・・・・・
特に、普天間飛行場の辺野古移設について、沖縄の民意を顧みず工事を強行している現状は容認できるものではありません。
(怒!その通り!)
私は辺野古に新たな基地を造らせないため、今後も県民と一体となって不退転の決意で取り組むとともに、引き続き、海兵隊の削減を含む米軍基地の整理縮小など、沖縄の過重な基地負担の軽減を求めてまいります。
国民の皆さまには、沖縄の基地の現状、そして日米安全保障体制の在り方について一人一人が自ら当事者であるとの認識を深め、議論し、真摯に考えて頂きたいと切に願っています。
(*しっかり!うけとめます。)
・・・・・・
全文読むべし!
・・・・・・
今年は、日本国憲法が施行されて70周年、沖縄県に憲法が適用されて45周年になりますが、この節目に、憲法の平和主義の理念を再確認し、私達一人一人が世界の恒久平和を強く願い求め、その実現に向け努力を続けなければなりません。

先日お亡くなりになった大田昌秀元沖縄県知事は、沖縄が平和の創造と共生の「いしずえ」となり、再び戦争の惨禍を繰り返さないことの誓いとして、敵味方の区別なく沖縄戦で命を落とされたすべての方々を追悼する「平和の礎(いしじ)」を建立されました。
私たちは、沖縄に暮らすものとして、この「平和の礎」に込められた平和の尊さを大切にする想いを次世代に継承するとともに、未来を担う子や孫のため、安全・安心に暮らせる社会・、いつまでも子ども達の笑顔が絶えない豊かな沖縄の実現に向けて、絶え間ない努力を続けてまいります。
(*故大田昌秀さんが沖縄県知事だった時、翁長さんは自民党沖縄県連の幹事長であった、とか。
その頃、翁長は大田知事批判の急先鋒で先頭にたっていた、と聞いたことがある。
その翁長知事が、大田昌秀さんの功績を讃え、その意思を、今、受け継ぐと。
沖縄とは、政治とは、何か。
人間とは、信じることとは。
・・・力が、、湧いてくる。)

慰霊の日に当たり、戦争の犠牲になった多くの御霊に心から哀悼の誠を捧げるとともに、平和を希求する沖縄のこころを世界へ発信し、恒久平和の実現に向け取り組んでいくことをここに宣言します。

平成29年6月23日
  沖縄県知事  翁長 雄志
ーーーーーーーーーーーーー
②7月15日(土)
★標的の島・風(かじ)かたか★を観る。
(チラシ)
「標的の村」「戦場(いくさば)ぬ止(とうとう)み」
三上知恵 監督最新作
*この砦が、最後の希望~辺野古、高江、宮古、石垣―何故闘うのか?
壊れかけたこの国の、自由と平和をめぐる「最前線」。

⁂この映画の明るさはすごい。
抵抗し、ごぼう抜きにあいながら、人々は歌う、踊る、笑う。
一人一人が昂然と胸を張っている。
みんなのあふれ出す命の輝きに胸打たれ畏敬の念を覚える。
本土から派遣された機動隊員の顔の死んだような無表情に、私達本土の人間の沖縄に対するうしろめたさを重ね合わせずにはいられない。
辺野古・高江だけではない。
沖縄県の島々を自衛隊が新たに基地化し、国は沖縄全体を仮想敵国の”標的”にする気なのだ。
この映画はそれを教えてくれる。
(高畑 勲=アニュメ―ション映画監督)

期日:7月15日・土
場所:ムーブ町屋 4F
時間:1回目 10時・2回目 14時・3回目 18時
主催: ZENKO(平和と民主主義をめざす全国交歓会) 
ーーーーーーーー
*安倍政権のもとで、日本で、こういう野蛮が行われているのだ。
軍事基地を造るために。
辺野古、高江、そして宮古島、石垣島へも。

・抵抗し反対する人たち。座りこんでいる。
全国から動員された機動隊、国家権力が権力をむき出しにする。

何で反対運動を続けるのか?
一青年の応え、
「見たからさ、知ったからさ。」

勝てるの?
おばあの話、
「分からないね。
でも、平和のために、米軍基地建設に反対した、私と云う個人がいた、その事実は歴史に残る。
知っているのさ、
基地は、戦争を、呼び込む、と、。」
ーーーーーーー
▼加計学園問題→加計理事長と安倍首相は昨年6月以降、6回もゴルフや会食を重ね、加計氏は1か月の間に、山本大臣とか文部大臣とか3人の大臣に面接して獣医学部のことを話している。
「ずいぶん、簡単に面会できるんですね!」
翁長沖縄県知事が面会を求めても、首相も菅も、会おうとはしなかった。
6か月以上も、、、。
差別が酷すぎる。
友達には甘くて。
安倍も菅も信用できないのだ。
菅⇒テレビに映ると、「また、あいつか!いやな顔だ!」(一女性)
ーーーーーーーーーー
●「標的の島」とは沖縄のことではない。
それは今
あなたが暮らす
日本列島のこと。

2016年夏、米軍属女性暴行殺人事件の被害者を追悼する県民大会で稲峰進名護市長は言った。
「我々は、また命を救う”風(かじ)かたか”になれなかった」。
「風かたか」とは風よけ、防波堤のことだ。
沖縄県民の8割の反対を黙殺した辺野古の新基地建設、全国から1000人の機動隊を投入して高江で強行されるオスプレイのヘリパッド建設。
現場では多くの負傷者・逮捕者を出しながら、激しい抵抗が続く。
さらに宮古島、石垣島でミサイル基地建設と自衛隊配備が進行していた。
なぜ今、先島諸島を軍事基地化するのか?
それは日本列島と南西諸島を防波堤として中国を軍事的に封じ込めるアメリカの戦略「エアーシーバトル構想」の一環であり、日本を守るためではない。
(・なるほど。)
基地があれば標的になる。
軍隊は市民の命を守らない。
それは沖縄戦で歴史が証明したことだ。
だからこそ、この抵抗は止まらない。
映画は、伝えきれない現実を観る者に突きつける。
(チラシより)

◎歌い、踊り、咲き誇る文化の力。
「最前線」に集まる人々、
新たな希望。

大学で民俗学も講じる三上知恵監督が描くのは、激しい抵抗や衝突だけではない。
エイさー、バーントウ、アンガマ、豊年祭。
先祖から子孫へと連なる太い幹、権力を笑い飛ばし、豊穣に歓喜する農民の誇りと反骨精神。
島々の自然と歴史が育んだ豊かな文化がスクリーンに咲き乱れる。
そして、県民大会で古謝美砂子が歌う「童心」、辺野古のゲート前でかき鳴らされる三線の音色。
高江のテントで「兵士A君の歌」を歌う七尾旅人のまわりには全国から駆け付けた若者たちの姿があった。
この1年間で安全保障政策を大転換したこの国で、平和と民主主義を守る闘いの「最前線」はどこか?
それに気づいた人々が、今、沖縄に集まっているのだ。
(チラシより)-拍手ー
ーーーーーーーーー
③横浜から参加したという男性(確か、ミズノさんといった)から案内のチラシをもらった。
(案内)
★待ってたよ!山城博治さん!
【講演会: 沖縄からの熱い風Ⅱ】

辺野古基地建設絶対反対!
辺野古の海を殺すな!
高江のオスプレイパッド建設糾弾!
やんばるの森を返せ!
伊江島を再び戦場の島にするな!
南西諸島の軍事要塞化阻止!
米軍も自衛隊も沖縄から出ていけ!
習志野基地のPAC-3は撤去!
木皿津にオスプレイは来るな!

152日にもわたる不当な長期拘留から、3月18日山城博治さん(沖縄平和運動センター議長)が帰って来ました。
辺野古と高江の新基地建設への抗議行動を身をもってリードしてきた山城さんは、
「心折れることはない。みんなで頑張って座り込めば埋め立てはできない」
「共謀罪は県民の闘い、全国の仲間の運動をつぶすために用意されたのだろう。力を合わせて葬ろう」と憲法集会で力強く訴えました。
沖縄からの「熱い風」を背負って千葉に山城さんがやってきます。
皆さんお集まりください。
*7月22日(土) 13時半開場 14時より
会 場: 船橋市東部公民館4階講堂(定員250名)
    (JR津田沼駅・新京成新津田沼駅 徒歩3分)
資料代:500円 (高校生以下無料)
主催:パトリオットミサイルはいらない!習志野基地行動実行委員会
ーーーーーーーー
!行って みよう!
ーーーーーーー
もう一つ、
★会場で配布された新聞、
「週刊 MDS (民主主主義的社会主義運動機関誌)」2017年7月14日・弟1485号」を読む。
(4面)
◎都議選ー自民歴史的惨敗ー
○安倍を追いつめる市民・野党共闘

東京都議選で有権者は安倍暴走政治に怒りの鉄槌をくだした。
2015年以来積み重ねられてきた市民と野党の共闘は、共産党の議席増(17→19)に結実し、「安倍一強」体制を大きく揺さぶる政治的成果を手にした。
足立区(定数6)では、無所属市民派の土屋のり子区議が共産党新人の斎藤まり子候補の応援に入った。
告示日の第一声で
「”共産党はちょっと苦手”という方もいるかもしれないが、今そんなことを言っている場合ではない。
国会でも都議会でも自民党・公明党は本当にひどい。
都民の生活を守っているのは共産党の国会議員・都議・区議。
私も区議会で、区政を市民の側に、と共産党と力を合わせている」
と訴え。
翌6月24日の街頭演説では
「自公両党は改憲の議論をする決議を区議会に出した。
私達の権利を護る憲法を変えてしまおうという人たちに絶対投票しないでほしい。
これまで投票用紙に共産党と書いたことのないみなさんにとくに、斎藤まり子さんの訴えを聞いてほしい。
安倍政治を変えましょう」
と呼びかけた。
土屋さんは語る。
「安倍には怒っているけれど、共産党にはアンチがある人がたくさんいる。
そういう人にも投票してもらわないと、自公を落とせない。
落とすためには野党共闘しかない。
アンチ共産党的な気持ちを乗り越えるにはどうしたらいいか考えながら、訴えてきた」。
足立区には各党の党首クラスが乗り込み、国政選挙並みの総力戦に。
「私達も、勝つ、絶対に通す強い気持ちをもって9日間、地域でできるあらゆることに取り組んだ」
平和と民主主義をつくる会・東京 も連日の電話かけ。
「安倍を辞めさせなければ」「憲法改悪は許せない」と共感の反応が次々と返る。
斎藤候補は 3万7285票 を獲得。
自民党都連幹事長を務める現職を上まわって2位で当選を果たした。
(終)
*週刊MDS*初めて読んだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 23, 2017

記録・2017年6月、、、。

2017年7月X日
(記録)
①6月4日(日) 
★特別展 創建1250年記念
「奈良西大寺展―叡尊(えいそん)と一門の名宝―」
(三井記念美術館)
を観る。

⁑西大寺⁑=764年(天平宝字8年)称徳天皇の勅願により創建。

◎国宝 興正菩薩坐像・ を観る。
(善春作・鎌倉時代・弘安3年=1280年・西大寺)

・姿勢が良い。
頬骨が出ている=河上肇博士のようだ。
鼻筋が通る。口元を固く結ぶ。半眼。=強い意志がある。
眉毛が長い。=村山富市元首相のようだ。

【叡尊=興正菩薩(1201-1290)】
鎌倉中期、真言律宗の開祖、字は思円。
大和の人。
初め東密を学び、のちに律学に志して西大寺を復興、
ここを本拠として畿内、東国に持戒、殺生禁断を説いて回り名望を集めた。
自伝「感身学正記」。
諡号(諡号)は興正菩薩。
=広辞苑=

・叡尊が入寺したのは、1235年(嘉禎1)であったから、師34歳の時だ。
西大寺が創建されて470年後入寺し、再興した。
座像は、1280年=79歳、の時完成している。
・像は、師の全人格を表す。
(布教、実践、理論、学問、寺院経営)
すべてで力を発揮した。
ーーーーーー
◎重要文化財 吉祥天立像・を観る。
(京都 浄瑠璃寺)

・毘沙門天の奥様だ。
福徳の女神。
東京芸大の先生が創った日本橋三越、隣の、あの大きな立像の原型に違いない。
ーーーーー
②父の日
③お中元を贈った。(7月2日)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 18, 2017

「第38回 あらかわの伝統技術展」を観る。

2017年7月9日(日)
★東京新聞・2017年7月8日・土・朝刊★を読む。
(22面)=したまち
◎下町の伝統の技見て
○荒川で技術展 職人の実演や作品販売
*漆塗りなど47人出展 あすまで

江戸の技術を受け継ぐ荒川区の職人の仕事を紹介する「あらかわの伝統技術展」が7日、荒川総合スポーツセンター(南千住)で始まった。
職人による実演や作品販売だけでなく、体験コーナーも多数企画されている。
9日まで。
荒川区は、木材を組み合わせた指物と呼ぶ小物、歌舞伎の演目を書く江戸文字など36業種の無形文化財(伝統工芸技術)を登録し、49人の職人を登録無形文化財保持者として認定している。
会場には47人が出展。
漆塗り職人の角光男さん(70)は、サンドペーパーで表面を削って下地の緑や青色を浮かび上がらせたり、市松模様を削ったりした陶器のビアカップを制作していた。
「デザインも、漆と顔料の調合もオリジナル。
二つと同じものはない」
と誇らしげに話した。
建学に来ていた区内の小学4年生の児童は、作品に触れたり、職人に「どうやって作るんですか」などと質問をしていた。
入場無料。
八日午後1時半、九日午後3時半に学芸員による解説ツアーを開催。
しおりやストラップなどを作る有料の体験コーナーもある。
区は伝統工芸技術の後継者を育成する事業をおこなっており、のれん染めの片山昭さんと漆塗りの角さんの下で現場実習する若者を募集している。
9月30日締め切り。
問い合わせは荒川ふるさと文化館(電03-3807-9234)
(石原真樹)
《写真説明》=漆塗りのビアカップに模様を削る角光男さん=荒川区で
ーーーー拍手ーーーー
ーーーーーーーーーー
さっそく 行って みよう!
ーーーーーーーーーー
◎まず、「尾久の職人さん」(全5軒)のコーナー、
《漆塗》 角光男 さんのところへ。
人だかりができている。
角工芸士と女性二人が応対している。
女性は、一人は奥さん、一人はお弟子さん、かな。
陶器に漆を塗る技法はユニークだ。
カップは、手にずしりとくる。
本人のとお弟子さん作成のモノとをげっと。
「売り上げは震災の募金にします」と。
ーーーー
◎町屋の職人さん(6軒)
◎町屋・荒川の職人さん(6軒)
◎南千住・尾久の職人さん((6軒)
◎日暮里の職人さん(6軒)
◎町屋の職人さん(3軒)
◎町屋・南千住の職人さん(5軒)
◎日暮里の職人さん(4軒)

◎区外の職人さん(葛飾・江戸川)5軒
◎富山県の職人さん
◎福井県の職人さん

と、観た。

*南千住(戸村絹代)=やさしい伝統工芸・つまみ細工(読売カルチャー北千住)・
華やかな髪飾り、つまみかんざし、ブローチが展示されている。
「お店はやっていないのですよ。カルチャースクールで作ったものを並べています」
と戸村さん。
(チラシをもらう)
「・・・・可愛い子供に(孫に)、手作りの髪飾りや、ブローチなどを付けさせ親子共々喜び合えれば楽しいかも。
羽二重という布を使い、伝統的な『つまみ』で花や蝶、動物まで、数多くの想像の形を作ってみましょう。・・・」
・・(孫に)はこちらの挿入。

・手作りのブローチ、、、。いいねー。
♪♪母のなごりの蝶々の 小さいブローチ 胸のうえ
並木の道を 一筋に 行けば明日は 国境
桜の園よ さようなら♪♪
三浦浩一「桜の園」3番

といわけで、おばあさんは、何点か、買うことになった。
お手伝いの戸村先生のお孫さん二人(女子・小学生)のしっかりしていること。
笑顔、笑顔。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 05, 2017

講演・「日本会議の全貌と今後の行方」(俵 義文 氏)・を聴く。

2017年
(「民放9条の会」の案内)より
★2017年6月例会参加ご苦労様です
【第39回 「私と憲法を語る集い】
=出版労連の俵義文さんをお迎えして6月例会=
・講演テーマ: 「日本会議の全貌と今後の行方」
・講    師: 俵 義文 氏 (子供と教科書全国ネット21事務局長)
・(日時=6月16日・土・13:30~16:30)
・(場所=関東地連・会議室)

⁑講師プロフィール⁑
・俵 義文 (たわら よしふみ)
1941年 福岡県生まれ、
新興出版社啓林館・東京支社に勤務。
その間、啓林館労組副委員長、教科書共闘会議副議長、同教科書対策部長、教科書対策事務局長、家永教科書検定訴訟を支援する全国連絡会常任委員を歴任。
現在、子供と教科書全国ネット21事務局長、マスコミ9条の会呼びかけ人なども務める。
主な著書に『ドキュメント「慰安婦」問題と教科書攻撃』『教科書攻撃の深層』『徹底検証 あぶない教科書』『あぶない教科書NO!』『〈つくる会〉分裂と歴史偽造の深層』『日本会議の全貌―知られざる巨大組織の実態』など。

〔6月例会進行表〕
・司会=岩崎貞明(民放9条の会運営委員)
*開会の挨拶  岩崎 貞明
*事務局報告  磯崎 弘幸 (事務局長)

●講演:「日本会議の全貌と今後の行方」
     講師: 俵 義文 氏 (子どもと教科書全国ネット21事務局長)
(13:45~15:15・90分間の講演-聞いた!)

(メモ)
・国会前で共謀罪法案への反対運動が続いていた。
法案は、6月15日、参院本会議で「中間報告」で採決された。
暴挙だ。
「特定秘密法」を廃止する。
「戦争法」を廃止する。
そして、「共謀罪」を廃止する。
この活動を続けよう。

安倍内閣に強い影響力を持っている「日本会議」について話す。
「日本会議国会議員懇談会」(衆参・281人所属)の支持で第3次安倍内閣は誕生した。
日本会議は1997年5月結成された。
しばらくの間、「日本会議」は知られていなかった。
現在、日本会議に関する8冊の本が出ている。
日本会議研究については、私が元祖と言っても良いと思う。

民放労連(日本民間放送労働組合連合会)とは、昔からの付き合いがある。
1960年代、民放労連は(資本の側から)総攻撃を受けた。
(注:「弾圧のデパート」と云われた。)
私達(出版労連)は支援に参加した。
経済学者・堀江正則先生は学者の立場から助言した。
(私は大学で堀江教授の授業を受けた。)
先生の自宅で学習会を持った。
TBS社内で資本論講座を行ったこともある。

レジュメに沿って話します。
(レジュメ)=A4・5ページ
【日本会議の全貌と今後の行方】
=俵 義文(子ども教科書全国ネット21事務局長=

Ⅰ、はじめに~改憲運動の現状

(1)森友学園の教育は、安倍政権・日本会議の政策を先取り・体現している(資料参照)。
〔資料〕=「森友学園のはじまりの一つは、2012年2月26日である」
「森友疑惑徹底糾明!安倍内閣は退陣せよ!3・30国会議員会館前行動」発言原稿=A4・2p
―内容・重要→読むべし。(しかし、略)

(2)安倍政権は極右政権、改憲の「実現をめざす」政権、歴史歪曲政権(資料・内閣一覧)。
(資料)=A4・4p→重要・略

(3)「美しい日本の憲法をつくる国民の会」が設立(2014年10月1日)、草の根の改憲運動を展開。
日本会議がつくった「改憲国民運動組織」である。
共同代表: 桜井よしこ・田久保忠衛(日本会議議長、杏林大学名誉教授)・三好達(日本会議名誉会長、元最高裁長官)。
代表発起人: 40人、役員各界代表500名。
幹事長: 百地章(日本大学教授)、
事務総長: 打田文博(神道政治連盟幹事長)
事務局長: 椛島有三(日本会議事務総長)、 
事務局次長: 内田 智(弁護士)・高橋美智留(弁護士)

*「憲法改正を実現する」1000万人署名を展開。
国民投票での3000萬賛成の基礎票になる。
*2015年11月10日、日本武道館で「今こそ憲法改正を! 1万人集会」を開催(11,300人が参加ー主催者発表)。
安倍首相がビデオメッセージ。
*2017年 3月29日、中央大会「各党は憲法改正原案の国会提出を!」開催(700人)。
自民、民進、公明、維新、日本のこころ、5党の国会議員が参加。
*2017年 5月 3日、「民間憲法臨調」と共催して「第19回公開憲法フォーラム」を開催(1,150人参加ー主催者発表)。
1000万人署名は9,229、238人と発表。
安倍首相がビデオメッセージで9条改憲、2020年「改正」施行を主張。
全国28会場にインターネット中継。
*署名目標達成府県24(宮城、山形、群馬、千葉、新潟、富山、石川、岐阜、静岡、愛知、大阪、兵庫、奈良、和歌山、岡山、山口、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、宮崎、鹿児島)=2016年7月31日現在、

・この設立総会で衛藤晟一首相補佐官が、「最後のスイッチ」と題して次のように発言。
「最後のスイッチが押されるときがきた。
自民党は結党以来、憲法改正を旗印にしてきたが、平成5年(1993年ー俵)に自民党が政権を失ったとき、綱領から自主憲法制定をはずすべきだととの提案がなされ、その時に故・中川昭一氏や阿部総理など「教科書議連」10数名が党綱領検討委員会30名の中に入り込んで喧々諤々の議論をした。
憲法改正を降ろすのであれば自民党なんてやめるべきだなどと議論した。
結果、『これからの時代にふさわしい憲法を作る』ということで決着した。
そしていま、その時のメンバーが中心となって第二次安倍内閣を作ることに成功した。
すなわち、阿部内閣は憲法改正の最終目的のために成立したといっても過言ではない。」
(日本会議機関紙『日本の息吹』2014年11月号)

(4)憲法改正の早期実現を求める国会議員署名及び憲法改正の早期実現を求める地方議会決議
(5)「憲法おしゃべりカフェ」の開催→(注:市民運動、護憲運動から学んでいる)
(6)日本会議の改憲内容ー自民党の「憲法改正草案」とほぼ同じ。
9条改憲をめざしながら、当面、緊急事態条項の新設、24条を改定して「家族条項」をつくる、などを要求。

Ⅱ、安倍晋三と安倍政権による改憲運動、歴史改ざん運動
(1)出発点は1993年7月の「小沢の乱」による総選挙で自民党が初めて敗北し野党へ

・河野洋平官房長官談話(日本軍「慰安婦」問題)
・細川護熙首相の「日本の戦争は侵略戦争だった」発言

⁑これに反発して、右翼の「日本は侵略国ではない」「国民運動」の展開
・この右翼運動に呼応して、自民党が「歴史・検討委員会」(93.8~95.2)を設置
→95年8月15日に『大東亜戦争の総括』を発刊
①大東亜戦争は侵略戦争ではない、アジア解放の聖戦。
②南京大虐殺・日本軍「慰安婦」問題などはでっち上げ、日本は戦争犯罪を侵してはいない。
③日本の侵略・加害を教科書からけすための新たなたたかいが必要。
④このような歴史認識を定着させるための国民運動を行う。
(自民党は前面に出ないで資金その他でバックアップし、学者を中心として展開する)。

⁑この歴史・検討委員会105名の中に安倍晋三・中川昭一・衛藤晟一・岸田文雄など、のちに「日本の前途と歴史教育を考える若手議員の会」を設立する議員10数人が選ばれて参加。
衛藤がいう前述の党綱領検討委員会もほぼこの時期と重なる。

(2)90年湾岸戦争後の自衛隊の海外派兵を可能にする改憲の動きが強まる。
財界団体、財界人の改憲発言、93年・読売新聞社の第1次憲法改正試案など

(3)1995年の「戦後50年」をめぐる右翼や自民党の動向
・94年 4月、戦後50年国会決議に反対するため日本を「守る国民会議」など右翼が「終戦50周年国民委員会」結成
・94年12月、自民党内にも戦後50年国会決議に反対の「終戦50周年国会議員連盟」結成
(会長・奥野誠亮、事務局長・板垣正、事務局長代理・安倍晋三)

・この議連は、96年6月、「明るい日本」国会議員連盟に改組(役員は同じ)。
「慰安婦は売春婦」などの攻撃を国会などで展開→この組織と運動は次の日本の前途と歴史教育を考える若手議員の会(「教科書議連」)に引き継がれる。

(4)第3次教科書「偏向」攻撃(96.7~)以降の右翼と自民党右勢力養成と結集
・96年7月~  第3次教科書「偏向」攻撃~教科書から「慰安婦」や南京大虐殺を削除せよ
・97年1月30日、 新しい歴史教科書をつくる会(「つくる会」)発足
・97年2月27日、 日本の前途と歴史教育を考える若手議員の会(「教科書議連」)発足
  (会長・中川昭一、事務局長・安倍晋三、幹事長・衛藤晟一)
・97年5月30日、日本を守る国民会議と日本を守る会が組織統一して、日本会議が発足―前日の
    5月29日に日本会議と連携するために、超党派の日本会議国会議員懇談会が設立。

Ⅲ、日本会議とは何か―改憲翼賛の右翼組織
・スローガン「誇りある国づくり」 ―*今年は結成20周年(「日本会議議連」)も同じ)
・会員は、約40、000人、役員は全国に3,800人、全都道府県に「県本部」を設置
・2002年頃から支部作りを開始、9条の会が発足(2004年6月)後、全国各地に9条の会が結成され、改憲世論が大きく変化、これに対抗するために、300支部をめざして支部作りが本格化、
2016年10月現在、約250の支部ができている。
・2007年10月6日、日本会議地方議員連盟発足、地方議会から「誇りある国づくり」をめざす約1800人の会員、34都道府県に組織(議連)を設立
・支部と日本会議地方議連が連携して各地で、教科書攻撃・「つくる会」系教科書の採択活動、「日の丸・君が代」の強制、改憲運動、歴史歪曲運動を展開中
・育鵬社版教科書をつくる日本教育再生機構・「教科書改善の会」、「つくる会」は日本会議と非常に緊密な関係


Ⅳ、日本会議の結成、めざすもの、そのルーツは?
(1)日本会議は「日本を守る国民会議」と「日本を守る会」が1997年5月30日に組織統一して発足。
同時に日本会議国会議員懇談会(「日本会議議連」)が前日(5月29日)に設立。
・日本を守る会(宗教右翼組織) 1974年4月結成
・日本を守る国民会議 1981年10月結成
 日本を守る会が中心になってすすめた元号法制化運動(1979年6月元号法成立)から生まれた。
 元号法制化実現国民会議(78年7月、議長・石田和外元最高裁長官)を改組して発足。
・日本を守る国民会議は「憲法、防衛、教育を同じ課題」と位置づけ、国家意識=愛国心培い、天皇中心の国家をつくることをめざす。
高校日本史教科書(1986年)発行は「天皇中心の国家体制をつくるための憲法改正への思想的潮流形成」と位置づける。

(2)日本会議のメンバーは60年代後半~70年代の右翼・民族派学生運動=新興宗教「生長の家」運動出身者である。
・1966年 「生長の家学生会全国連絡会」(「生学連」)(土橋(高橋)史朗委員長)結成
・1966年 長崎大学「生学連」が椛島有三・安東巌の指導で社青同から学園を解放―椛島は67年に長崎大学学生協議会(「長大学協」)を結成し議長に就任。
椛島は全国の「生学連」に大学内に「学協」結成を呼び掛ける。
衛藤晟一は大分大学・別府大学で「学協」を結成して活動。
九州学協は、69年5月~11月に長崎大学、熊本大学、鹿児島大学などで全共闘などのバリケード封鎖を排除。
全国7つの「ブロック学協」発足。

・1969年5月、全国学生協議会(「全国学協」、右翼・民族派全学連)結成(委員長・鈴木邦夫、書記長・安東巌、鈴木は安東と対立して半年で委員長を辞任、後に生長の家も辞める。)

・1970年11月3日、橿原神宮で日本青年協議会(日青協)結成。
委員長  ・衛藤晟一 (首相補佐官)
書記長  ・椛島有三 (日本会議事務総長)-影の安倍ブレーン
政策部長 ・伊藤哲夫 (日本政策研究センター代表)-安倍の筆頭ブレーン
編集局長 .・松村俊明 (日本会議事務局長)
百地 章(日本大学教授、日本会議政策委員、当時の役職は不明)

・日青協の下部組織
 「生学連」、「全国学協」、「反憲法学生委員会全国連合会(「反憲学連」)」、日本教育研究所 

(反憲法学生委員会全国連合)
議 長 ・宮崎正治(日本教育再生機構常務理事、元「つくる会」事務局長)
編集長 ・松村俊明(日本会議事務局長)

(日本教育研究所)
事務局長に副代表 ・高橋史朗(日本会議政策委員)
教科書理論研究会代表・松村俊明(日本会議事務局長)

(3)日本会議の事務総局を担うのは、椛島有三に率いられた日青協メンバー


Ⅴ、日本会議の主要な組織及びフロント組織 

・都道府県本部及び地域支部
・政策委員会(伊藤哲夫、百地章、西修、長尾一紘、高橋史郎など20人)
・日本女性の会(会長・小野田町枝)
・日本青年協会(日青協) (会長・椛島有三)
・日本会議経済人同志会(会長・渋木正幸、名誉会長・宇都宮鐵彦、相談役・住母家岩夫)
・みんなで靖国神社に参拝する国民の会
・英霊にこたえる会(会長・寺島泰三)-友好団体
・皇室の伝統を守る国民の会(会長・三好達)
・「21世紀の日本と憲法」有識者懇談会(「民間憲法臨調」)-代表・桜井よしこ
・日本の教育改革有識者懇談会(「民間教育臨調」)-会長・西澤潤一
・美しい日本の憲法をつくる国民の会(代表・桜井よしこ・田久保忠衛・三好達)

Ⅵ、日本会議と共同・連携する議員連盟(国会・地方)
・日本会議国会議員懇談会(「日本会議議連」) 290人
「日本会議議連」は、
「歴史・教育・家庭問題」(座長・高市早苗=07年当時、以下同じ)、
「防衛・外交・領土問題」(座長・安倍晋三)
「憲法・皇室・靖国問題」(座長・鴻池祥肇)
の三つのプロジェクトを設けて、合同役員会などで日本会議と協議し、日本会議の要求・政策を国政に持ち込む活動をしている。
また、「日本会議議連」は、憲法、防衛・基地、領土問題、皇室制度、危機管理などをテーマに、日本会議の中心メンバーの櫻井よしこ(ジャーナリスト)、百地章(日本大学教授)、西修(駒沢大学名誉教授)、長尾一紘(中央大学名誉教授)、長谷川三千子(埼玉大学名誉教授)、大原康男(國學院大學名誉教授)、などを講師に勉強会を行い、「理論武装」と「意思統一」を行って活動している。
こうした活動の上に、「日本会議議連」は、1914年6月に「皇室制度PT」(座長・衛藤晟一)、
14年11月に「憲法改正PT」(座長・古谷圭司)の2つのプロジェクトチームを設置して、勉強会と政策作りを行っている。

・日本会議地方議連
 日本会議支部と連携して、地方議会を舞台に、地域で教科書採択運動、「日の丸・君が代」強制、憲法改悪・歴史歪曲運動などを展開。

Ⅶ、日本会議(日本を守る国民会議)の活動と「実績」
元号法制化の達成、政府主導の天皇奉祝行事の実現、女系女性天皇容認の皇室典範改定阻止、国旗国歌法制定、中学教科書の「慰安婦」記述削除、教育基本法「改定」、選択的夫婦別姓法案阻止、外国人地方参政権法案阻止、検定制度改悪と教科書統制強化、道徳の「教科化」実現、例年の8・15の靖国神社参拝運動の広がり、領土問題での排外主義の広がりと教科書への得よう土問題の政府見解の記述実現、育鵬社教科書の採択、

Ⅷ、日本会議が中心的な課題として取り組む運動 (資料・日本会議の主な活動)
(1) 「悲願」の憲法「改正」、「戦争する国」に向けた活動、自衛隊激励運動
(2) 天皇(皇室)崇拝運動(皇室の伝統を守る国民運動)
(3) 教育・教科書問題
ー日本会議は、憲法・教育・防衛を一体のものとして掲げる。
安倍首相の教育政策を「指南」したのは日本会議(椛島有三事務総長)。
安倍政権の「教育再生」政策と連携して、「特別の教科 道徳」を正規の教科として愛国心などを強制。
さらに、次期学習指導要綱づくりにも意見をだしてきた。
次期学習指導要綱は、安倍政権がめざす「戦争する国」とグローバル企業のための「人材」づくり、子供不在、国家・国益、大企業のための教育をめざす。
教育内容だけでなく、指導方法、学校のあり方、学校と家庭・地域のあり方、子どもの内心にまで踏み込んで、国家が求める「人材」を育成する。
過去6回の学習指導要領改訂と質的に異なる、06年教育基本法を全面実施することをねらう、史上最悪の学習指導要領になる。

(4)夫婦別姓反対
(5)永住外国人地方参政権反対
(6)「慰安婦」・南京大虐殺など日本の侵略戦争と加害の正当化
(7)領土問題
(8)靖国神社参拝運動、首相や閣僚の参拝実現、靖国神社国営化など
(9)「話すことが罪になる」共謀罪と家庭教育支援法(政府・自民党が国会提出ねらう)

*日本会議の活動の主要なやり方とそのルーツ
1、署名運動(国民対象、国会議員対象、首長対象など)、地方議会決議、
中央や主要都市での大規模集会と各地での集会、
国会議員(「日本会議議連」をはじめ地元選出議員)への要請行動、
全国キャラバン、ビラやチラシの発行・配布、
フロント組織の活用、インターネットの活用

2、活動形態、方法のルーツ~元号法制化運動の時に椛島有三が「左翼」の運動を参考に考案した。

Ⅸ、安倍政権を支える歴史修正主義の極右勢力
・安倍政権を誕生させ、支えるのは日本会議、日本教育再生機構、「つくる会」、在特会などの右翼勢力と日本会議議連、創生「日本」、神道議連などの極右勢力である。

Ⅹ、自民党改憲草案の問題点
(1)(特徴) 憲法の基本原則の否定ー国民主権から国家主権へ
*自民草案  ー個人<国家 =国民を縛り、国家権力を守る
*日本国憲法ー個人>国家 =権力を縛り、国民を守る

(2)(前文) 日本国憲法の前文をすべて削除
・主語が「日本国民」から「日本国」、「我が国」に変質
・日本国民は「国を守る」こと、「国を成長させる」が義務付けられる

(3)(平和主義) 「戦争する国」に変える
*自衛隊→軍隊(国防軍) 
*国民→戦争協力が義務付けられる
(職業・財産・言論・出版・表現・通信・結社・居住・思想・宗教などの自由は、すべてなくなる)

(4)(基本的人権) 国の為に義務と責任を果たせば人権が尊重される
*「国家及び公の秩序」に反しない限りで人権を保障する
*「緊急事態条項」を新設して人権を停止する

(5)国民に義務を課す
*家族助け合い義務、国防への協力義務、など多数の義務規定を導入

Ⅺ、日本会議がねらう当面の改憲項目
「緊急事態条項」、「家族保護条項」など

【資料】
*神奈川県の日本会議の情報
・日本会議地方支部 
 8 支部 (横浜・横須賀・川崎・川崎北・相模原・湘南北・湘南東・湘南西)
〔神奈川県の議連メンバー名簿などは別紙ー略ー〕

*都府県議会に同議連が占める割合
―70%を超えているのが山口
―60%超 山形・茨城・愛媛
―50%超 宮城・長崎・熊本
―40%超 秋田・群馬・千葉・東京・岐阜・静岡・京都・岡山・福岡・宮崎・鹿児島
(40%以上が19都府県)

*憲法改正早期実現意見書採択(2017.3.19現在)
・神奈川県議会はじめ36都府県、61市区町村
神奈川県 16で全国一位(横浜市・川崎市・横須賀市・藤沢市・茅ヶ崎市・逗子市・大和市・海老名市・座間市・秦野市・伊勢原市・小田原市・厚木市・愛川町・寒川町・箱根町)
ーーーー
〔参考文献〕
・『日本会議の全貌ー知られざる巨大組織の実態』(花伝社)
・『徹底批判!!「私たちの道徳」-道徳の教科化でゆがめられる子供たち』(合同出版社)
・30円パンフレット『道徳が教科になると 子どもは・・・』(子どもと教科書全国ネット)
・『大問題!子ども不在の新学習指導要領―学校が人間を育てる場でなくなる』(合同出版)
・『最良の「教科書」を求めて―「教科書制度」への新しい提言』(つなん出版)
・『教科書レポート 2016』(出版労連)
・パンフ『一からわかる 共謀罪』(解釈で憲法9条を壊すな!実行委員会編)
ーーーーー
(レジュメ終わりー拍手)
ーーーーーーー
★俵義文さんのお話しより
(メモ)― 一部
*森友学園問題ですが、籠池氏も日本会議のメンバーでした。
日本会議は、あわてて、”何年も前に辞めている”と切り捨てようとしていますが。
籠池じゅんこ夫人は、大阪女子の会の幹部でした。
安倍首相も、籠池氏のことを「立派な教育者だ」と言っておいて、1か月後、切り捨てました。
日本会議の目指す教育を、塚本幼稚園で実行した。
運動会で園児に「安倍首相がんばれ」と叫ばせていますね。

歴史教科書問題で、こういうこともあります。
文科省認定で一番優れていると思われる教科書は「まなび舎」版歴史教科書だと、私は思います。
育鵬社版と真逆のことが書いてある。
使用件数は少ないが、採用しているところは、超進学校です。
T大付属とかK学園、A学園など。
ここへ、右翼は抗議行動を行い、抗議の手紙を送っている。
この連名の中に、籠池氏の名前も入っていました。

塚本幼稚園から公立小学校へ。
小学校へ進むと幼稚園で学んだことがダメになる。
継続するために「安倍晋三記念小学校」=瑞穂の国小学校を作ろうとした。
籠池さんは、参議院の方々に、「皆さん方のご支援で学校ができる」と言っています。
安倍首相夫人は、100万円を出していますが、籠池理事長に「あなた一人にやらせてごめんなさい」とも言っている。
ーーーーーーー
【配られた資料
=東京都議会議員選挙に立候補予定の「日本会議地方議員連盟」の皆さまのご検討をお祈り申し上げます
平成29年5月
   日本会議東京都本部】より。

《東京都議会議員選挙に立候補予定の「日本会議地方議員連盟」の皆様をご紹介します》
*自民党以外は4面に(*4人)あり(自民党53人)

                (7・2投票結果)=当方
〔中央区〕  石島秀起   落選
〔港  区〕  菅野弘一
        きたしろ克彦 落選
〔新宿区〕  秋田一郎
        大門さちえ   落選
〔文京区〕  中屋文孝
〔台東区〕  和泉ひろし   落選
〔墨田区〕  川松真一朗
        桜井浩之    落選
〔江東区〕  山崎一輝
〔品川区〕  田中たけし   落選
        沢田ひろかず 落選
〔目黒区〕  栗山よしじ   落選
  鈴木隆道    落選
〔大田区〕  上林 茂    
        鈴木章浩
        鈴木あきまさ  落選
〔世田谷区〕 大場やすのぶ
        小松大祐
        三宅茂樹

〔渋谷区〕  前田和茂   落選
〔中野区〕  川井しげお  落選
〔杉並区〕  小宮あんり
        早坂義弘

〔豊島区〕 堀  宏道  落選
〔北  区〕  高木けい 落選
〔荒川区〕  崎山知尚  落選
〔板橋区〕 河野ゆうき 落選
       松田やすまさ 落選
〔練馬区〕 芝崎幹男
       山加朱美  落選

〔足立区〕 高島なおき
       ほっち易隆 落選
〔葛飾区〕 和泉武彦  落選
       船坂ちかお

〔江戸川区〕宇田川聡史
       田島和明  落選
〔八王子市〕伊藤祥広
〔立川市〕  清水孝治
〔武蔵野市〕島崎 義司 落選
〔青梅市〕  野村有信 落選
〔府中市〕  鈴木錦治 落選
〔町田市〕 吉原 修
〔小平市〕 高橋信博
〔日野市〕 古賀俊昭 
〔西東京市〕山田忠昭 落選
〔西多摩〕 田村利光
〔南多摩〕 こいそ明  落選
〔北多摩第一〕北久保真道 落選
〔北多摩第二〕高橸健一   落選
〔北多摩第三〕栗山欣行   落選
〔島 部〕 三宅正彦
ーーーーーーーーーーーーーー
▼都議選結果=53人中・落選30・当選23・
(30÷53×100=56.60%)
日本会議・56,60%が落選しました。
ーーーーーーーーー
【俵氏コメント】ー6・16
・日本政府は日本会議にジャックされている。
外国メディアは注目し、鋭く書いている。
ワシントンポスト、エコノミスト、ニューヨークタイムス、、、。
地方議会は半分はジャックされている。
危険な状態にある。
都議会選挙は重要です。
ーーーーーーーー
ーーーーーーーー
【俵氏コメント】
・日本会議の広告塔の役割を果たす人の中に”舞の海”がいます。
かれの改憲論は独特です。
日本人横綱がでないのは、憲法前文のせいだと言っている。
”・・・平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、我らの安全と生存を保持しようと決意した。・・」
諸国民の、、信頼、、、。日本人は人が良すぎる、だめだ、と。
一部受けているようですが。
しかし、横綱・稀勢の里が誕生しました。
(拍手)
ーーーーーーーー
ーーーーーーーー
【俵氏コメント】
*日本会議研究の最近の著書で優れていると思われますのは、
・青木 理 「日本会議の正体」 (平凡社)2016年7月、です。
青木さんは、ジャーナリスト、共同通信社におられた方です。
「安倍三代」も書いています。
安倍首相の祖父と云うと、岸信介とすぐ思います。
母方の祖父です。
父方の祖父は、安倍かん、さんです。
戦時中、大政翼賛会に属さずに2期当選している。
反骨の政治家です。
安倍首相を知るうえで参考になります。

・青木理 「日本会議の正体」(平凡社)より。
(239p~240p)
・・・・・・
ただ、ここでも東京都議・古賀の言葉が思い出される。
「安倍さんだって、そんなに深いもの(政治思想)はないですよ。
それを日本会議がある程度はリードしている部分はあると思います。
原理的なことを、日本会議がきちんと主張していてくれますから。」
これもある種の真実を射抜いていると思う。
私は最近、週刊誌「AERA」で、安倍晋三の生い立ちと素顔などを追跡する長期連載ルポルタージュを発表した。
その取材では、安倍の成蹊学園時代の同級生や知人、恩師、会社員時代の上司、同僚らに片っ端から話を聞いたのだが、政界入りするまでの安倍に現在の政治スタンスにつながる気配を感じ取っている者は皆無に近かった。
少なくとも、現在の政治的スタンスにつながる知性を鍛え上げた様子も、政治史などの知識などを積み上げた形跡も、ほとんどみられなかった。

そんな安倍を会社員時代の上司はこんなふうに評した。
(注:俵さん=上司の方、最後、副社長になられたと思います。)
「子犬が狼の子と群れているうち、ああなってしまった。
僕はそう思っています」
・・・・・・・・・・・
筋金入りの右派である東京都議の古賀が
「安倍さんだった、そんなに深いものはない」
と語ったのは、なるほどそうだろうなと私もうなづくところが多い。

その安倍が政界右派のサラブレッドとして脚光を浴び、政界を一気に駆け上がっていくまでの途次、「宗教心」などを背景にする筋金入りの右派は安倍に接近し、”ブレーン”や”兄貴分”として周囲をがっちり固めていった。
かつては生学連の活動家だった参院議員の衛藤晟一、日本政策研究センター代表の伊藤哲夫などは代表格であろう。
そういう観点から見るなら、日本会議が「安倍政権を牛耳っている」という外電の分析はあながち的外れでもない。
加えて記すなら、「安倍政権的なもの」や「日本会議的なもの」を許容するようになってしまった日本社会の変質についても触れないわけにはいかないだろう。
(写すの終わり)
ーーーーー
ーーーーー
【俵さんのコメント】
生長の家のことですが、現在、生長の家は政治的活動、特に自民党支持は中止しています。
この前の参議院選挙では、成長の家は自民党を支持しません、と声明をだしました。
追加で、成長の家は維新の会も支持しません、と声明をだしました。
生長の家は、環境保護の活動に力を入れています。
太陽光発電とか。
本部も山梨県に移しました。
生長の家出身の政治家、日本会議のメンバーは、成長の家は脱会しているものと思われます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2017 | Main | August 2017 »