« 沖縄「慰霊の日」 | Main

July 14, 2018

「徹底検証・いま、日本の政治をどう変えるかーさよなら安倍政権」(主催:安全保障関連法に反対する学者の会)・を聞く。

2017年7月7日(土)
(案内チラシ)より。
★安全保障関連法に反対する学者の会主催シンポジウム★
【徹底検証・いま、日本の政治をどう変えるか―さよなら安倍政権】
*2018年7月7日(土)
*13:30~16:30(13:00開場)
会場:明治大学・リバティタワー 1階1011教室(266名収容)
(東京都千代田区神田駿河台1-1)

安倍政権は、内政と外交を破局と破滅の袋小路へと追い込んでしまいました。
このシンポジウムは、安倍政権の諸政策を経済、憲法、社会政策、外交、メディア、教育の面から徹底検証し、ポスト安倍政権において追及すべき、まっとうな政治の姿を探ります。

《登壇者》
◎経   済: 浜 矩子  (同志社大学教授)
◎憲   法: 水島朝穂  (早稲田大学教授)
◎社会政策: 大沢真理 (東京大学教授)
◎外   交: 遠藤誠治 (成蹊大学教授)
◎知性・メディア:
          西谷 修  (立教大学特任教授)

◎教   育: 佐藤 学  (学習院大学教授)

■あいさつ: 広渡清吾  (東京大学名誉教授)

【主催:安全関連法に反対する学者の会】
ーーーーーーーーー
・さっそく 行って みよう。
ーーーーーーー
・超満員。通路に座り、立ち見大勢。
ーーーーーーー
●7人の先生方の講演、挨拶他が終わった後のフロアーからの発言から。
(メモ)
◎男性(50代)
地球温暖化問題、パリ協定、核兵器禁止条約、朝鮮半島の南北会談、世界的には進んでいる情勢だと思いますが、日本政府はそれの足を引っ張っているように思います。
日本はこれからどうなるのか。
新しいビジョン、政策提言を先生方からもっと聞きたいです。

◎男性
私は高校教師です。
安倍自民党政権に代わる政治を希望しますが、野党共闘でシャドーキャビネットをつくれないでしょうか。
枝野首相、小池外相とか。
私は、共産党ではありませんよ。
でも、それぐらいまでもっていきたいです。

◎男性
安倍政権のもと、民主主義は無くなっていると思います。
多数決の不正使用が多すぎます。
多数決のあり方、ヨーロッパとか世界ではどうなっているのか。
不正使用を制限、禁止する制度のあるくにはないのでしょうか。

◎男性
モリ・カケ問題は、いま、サッカー・ワールドカップの影にかくれています。
私は、このままに済ましてはだめだとおもいます。
昭恵夫人の証人喚問を何故やらないのでしょうか。
社会保障切り下げが続いています。
私は生活保護をうけています。
弱者をいじめてアメリカから高額の兵器を買っている。
生活保護費が切り下げられている。
私たちは、全国で11000人で、生活保護し切り下げ反対の裁判を起こしました。

◎男性
9条が心配で参加しました。
安倍内閣を倒しても、自民党内で代わるだけなら問題がある。
例えば、石破さんはアメリカのジャパンハンドラーと親しい関係だし、小泉さんだってアメリカのそう云う所で教育を受けている。
却って危なくなるようにも思える。
今日は、論点がいっぱいありすぎて、どうしたらよいのかわからなくなるようなところがありました。
ーーーーーーーーー
●広渡清吾氏のまとめの挨拶
(メモ)
・安倍政権を倒しても、また、同じ自民党政権では政治は変わらないのではないか。
そのとおりです。
野党がまとまってそれに代わる政権をとる。
市民の運動が野党共闘の礎になる。
野党はどうするか。
浜さんは、敵の言葉を使うな、敵の土俵に乗るな、
と言いました。
それをやったら、政策論争をさけることにつながると。
野党の中には法案に対して付帯決議で与党案に賛成するところもある。
野党共闘の難しさがある。
過去の選挙結果をみますと、得票率・与党30%、野党20%、あとの5割は無党派です。
この5割の方々へ、みなさんは(野党共闘への支持を)広げていただきたい。
私たちの運動は、
市民と市民をどのようにして繋げるか、
市民と野党をどうつなげるか、
野党と野党をどうつなげるか、
この努力を続けています。
浜さんは、安倍内閣を倒すために「陰謀をめぐらせよう」「陰謀団体を立ち上げよう」(笑)と言いました。
みなさん、一人一人、この方向でがんばりましょう。
(拍手)
ーーーーーーー
●黒田けんいち 明治大学教授(平和と人権を希求するオール明治の会)のあいさつ
(メモ)
・本日はめまい所で申し訳ありませんでした。
もっと広い場所を確保できればよかったのですが、、、。

5月16日、法政大学・田中優子総長は声明を発表しました。
(別紙=「自由で闊達な言論・表現空間を創造します」)
総長の声明は勇気がいることです。
大学には多様な意見が存在するからです。
私たちは、田中優子さんを孤立させてはいけない、と考えました。
直ちに、明治大学で、学長と話し合い、説得しました。
学長の動きは早かったです。
10学部長との連名で声明を発表しました。
(別紙=明治大学学長・学部長の法政・田中メッセージへの支持声明・
「自由な学問と知的活力のある大学へ」)
明治大学では、労働組合も含め、主要3団体が田中支持を表明しました。
こういう形を日本の全大学、全機関がとることを訴えます。
(拍手)
ーーーーーーーーーーー
(別紙)
★法政大学田中優子総長のメッセージ(抜粋)★
【自由で闊達な言論・表現空間を創造します】
 2018年5月16日

昨今、専門的知見にもとづき社会的発言をおこなう本学の研究者たちに対する、検証や根拠の提示のない非難や、恫喝や圧力と受け取れる言動が度重なっています。
その中には、冷静に事実と向き合って社会を分析し、根拠にもとづいて対応策を吟味すべき立場にある国会議員による言動も含まれます。
日本は今、前代未聞の少子高齢化社会に向かっています。
誰も経験したことのない変動を迎えるにあたって、専門家としての責任においてデータを集め、分析と検証を経て、積極的にその知見を表明し、世論の深化や社会の問題解決に寄与することは、研究者たるものの責任です。
その責任を十全に果たすために、適切な反証なく圧力によって研究者のデータや言論をねじふせるようなことがれば、断じてそれを許してはなりません。

世論に多様性がなくなれば、働く現場は披露困憊し、格差はいっそう拡がり、日本社会は硬直して出口を失うでしょう。
柔軟性を持って意見をかわし、より良い方法を探ることこそ、いま喫緊に必要なことです。
「自由を生き抜く実践知」を憲章に掲げる本学は、在学する学生・院生、本学で働く教職員の、積極的な社会関与と貢献を評価し、守り、支援します。
互いの自由を認めあい、十全に貢献をなしうる闊達な言論・表現空間を、これからもつくり続けます。
(👏)
今後、全国の研究者、大学人の言論が委縮する可能性を憂慮し、本学の研究者に起きていることを座視せず、総長としての考えをここに表明いたします。

    法政大学総長  田中優子
ーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーー
■明治大学学長・学部長の法政・田中メッセージへの支持声明■
【自由な学問と知的活力のある大学へ】
 2018年6月8日

私たちは、田中総長のメッセージを支持いたします。
近来、一部国会議員や言論員人が、学問の自由と言論表現の自由に対して、公然と介入し否定する発言を行っているのは、憲法を無視しているだけでなく私たちの日常を支えている、民主主義のモラルを公然と否定するものです。
「権利自由」「独立自治」を建学の精神とする本学にとって、この事態は看過できるものではありません。

大学にとって批判的精神は常に必要とされるものであり、この批判的精神によって、権力の暴走を阻み、健全な市民社会を支えていくのです。
私達が今の日本を誇ることができるのは、この批判的精神を忘れないからであり、決して時々の権力の内に「日本」があるわけではないのです。
岡本太郎氏は縄文の文化のうちに、日本を再発見しました。
私たちも、奔放で自由な学問と知的活力の中で、日本を再発見しなければなりません。
(👏)
この知的活力のマグマとなる民主主義のモラルを強く支えるために、田中優子総長のメッセージを支持するのです。

明治大学学長   土屋恵一郎

      法学部長  村上一博
 政治経済学部長  小西徳應  
    理工学部長  久保田寿夫
    経営学部長  大倉 学
 国際日本学部長  鈴木賢志
      商学部長  出見世信之
      文学部長  会田正人
      農学部長  針谷敏夫
情報コミュニケーション学部長
              大黒岳彦
 総合数理学部長  荒川 薫
ーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーー
●明治大学学長・学部長声明=「自由な学問と知的活力のある大学へ」
を支持し、多くの大学関係者と市民の皆さんに賛同を呼びかけます。●
  【平和と人権を希求するオール明治の会】

去る6月8日、土屋恵一郎明治大学学長および全10学部長は、本年5月16日の田中優子法政大学総長のメッセージを支持する旨の声明を発表しました。
田中優子総長は、一部与党の国会議員や言論人が、権力を批判する研究者に対して、何ら事実に基づくことなく反日のラベルを貼り、誹謗、中傷、恫喝、脅迫を繰り返していることについて、危機意識をもって抗議したものであり、大学人として看過することのできない今日の事態に警鐘を鳴らしたものです。

わが明治大学の学長・学部長の声明は、田中総長のメッセージを支持する意志を明確にし、明治大学の建学の精神である権利・自由、独立・自治の精神を再確認した英断であり、われわれオール明治の会は、両大学の声明を諸手をあげて支持します。

権力者の手の内に日本があるかのような常軌を逸した認識や、事実を一切無視した一部国会議員や言論人の言動は、わが国の憲法の精神を蹂躙するだけでなく、健全な市民社会の存立を根本から否定する恐るべき暴挙に他なりません。

われわれオール明治の会は、建学の精神を確認し、政治権力の横暴に抗議し、明治大学学長・学部長の声明を力強く支持し、多くの良識ある大学関係者と市民の皆さんの賛同をよびかけます。
(👏 拍手)
ーーーーーーーーーー
続く

|

« 沖縄「慰霊の日」 | Main

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96057/66937679

Listed below are links to weblogs that reference 「徹底検証・いま、日本の政治をどう変えるかーさよなら安倍政権」(主催:安全保障関連法に反対する学者の会)・を聞く。:

« 沖縄「慰霊の日」 | Main