« ドキュメンタリー映画・「種まきうさぎーフクシマに向き合う青春」・を観る。 | Main | 「マッケンジー・ソープ」(大英国展・日本橋三越)を観る。 »

November 19, 2018

映画・「空海 Ku-Kai 美しき王妃のなぞ」(日中友好協会荒川支部・中国映画を見る会)を観る。

2018年X月 X日
(案内)
●日中友好協会荒川支部 中国映画を見る会●
==【空海 KU-KAI 美しき王妃のなぞ】==
と  き: 2018年9月22日(土) 14:00~16:30
ところ : アクト21(男女平等推進センター) 3階
資料代: ¥300

〔作品〕
出演: 染谷将太、 ホアン・シュアン(高橋一生)、安陪寛、チャン・ロンロン(吉田羊)
監督: チェン・カイコ―

時間: 132分

原作: 夢枕獏「沙門海空唐の国にて鬼と宴す」

〔あらすじ〕
1200年以上前、日本から遣唐使として、中国・唐へ渡った若き天才僧侶・空海。
あるきっかけで知り合った白楽天という詩人(のちの白居易)との交流を深めていく中、世界最大の都・長安の街は、権力者が次々と奇妙な死を遂げるという、王朝を震撼させる怪事件に見舞われる。
空海は、白楽天とともに一連の事件を探るのだが、約50年前に同じく唐に渡った、カギを握るもう一人の日本人・阿倍仲麻呂の存在を知る。
仲麻呂が仕えた玄宗皇帝の時代、そこには国中を狂わせた絶世の美女、楊貴妃がいた。
極楽の宴、妖猫の呪い、楊貴妃の真実、歴史を揺るがす巨大な「謎」―。
楊貴妃の命を案じた阿倍仲麻呂は何を知っていたのか・・・?
空海と白楽天、二人が辿り着いた真実とは・・・?
ーーーーー
*さっそく 行って 見よう!
ーーーー
★高月 昭 荒川支部長の挨拶
(メモ)
「空海」は、2月に公開され、9月にDVDが発売されました。
新しい映画です。
原作は夢枕獏さん。
著名な作家です。
中国・唐時代を研究して18年間かけて書いたそうです。
その時代の西安(シーアン)は多くの外国人が出入りしていた。
日本の遣唐使は600年代から約300年間続き、10数回派遣されています。
空海も入唐(804)しました。
その時、白楽天と付き合いました。
玄宗皇帝の時代、阿倍仲麻呂が唐にわたっています。
楊貴妃と玄宗皇帝。二人の仲は有名です。
安禄山の乱もありました。
空海は坊さんですが、それよりも、同時代がどのようであったかの物語と思われます。
監督は、チェン・カイコーさんで、同監督の「北京のバイオリン」は以前、この場所で上映しましたね。
(👏 拍手)
ーーーー
*ウ~ム、しかし、内容は、自由奔放、奇想天外、難解だった。
不気味だったり、鮮やかだったり、映像は美しかった。
中国は難しい。
ーーーー
【日中友好協会荒川支部ニュース・N0.60号・2018年10月25日】より。
◎「空海」の映画会ー満席で成功◎
9月22日に行った今年2回目の中国映画を見る会は、日中合作の「空海ー美しき王妃の謎」を実施しました。
会場が満員になる34人の参加があり、半数が初めての参加者でした。
高月支部長による映画の解説のあとたっぷりと2時間半楽しみました。
操作技士の不手際で解説付きの映画になってしまいましたが「解説があってわかりやすくてよかった」「ストーリーも映像も素晴らしかった」との意見があった一方、宗教家としての空海の生きざまを見たいと思ってきてくださった人には期待外れの内容だったかもしれません。
「中国の映画をたくさんやってほしい」と言って帰られた人もあり今後もご期待ください。


|

« ドキュメンタリー映画・「種まきうさぎーフクシマに向き合う青春」・を観る。 | Main | 「マッケンジー・ソープ」(大英国展・日本橋三越)を観る。 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画・「空海 Ku-Kai 美しき王妃のなぞ」(日中友好協会荒川支部・中国映画を見る会)を観る。:

« ドキュメンタリー映画・「種まきうさぎーフクシマに向き合う青春」・を観る。 | Main | 「マッケンジー・ソープ」(大英国展・日本橋三越)を観る。 »