« 講演・「荒川区政の現状と区議選の対決点・・・共産党荒川区議会議員団の値打ちと実績」(横山幸次日本共産党荒川区議団幹事長)を聞く。 | Main | 斉藤くに子共産党荒川区議・9期目を目指す・「区議選・参院選勝利のために!くに子のキックオフ集会」へ参加した。 »

December 10, 2018

映画・「積極的平和国家の作り方 コスタリカの奇跡」(安倍9条改憲NO! 荒川市民アクション上映会)を見る。

2018年X月X日
(案内ビラ)より
★1948年に軍隊を廃止。
軍事予算を社会福祉に充て
国民の幸福度を最大化する道を選んだ
コスタリカの奇跡に迫ったドキュメンタリー。
〈安倍9条改憲NO! 荒川市民アクション 上映会〉

◎2018年9月29日(土)
【上  映】11:00、 14:00, 16:30, 19:00
【会  場】ムーブ町屋 4F
【参加費】700円

●「積極的平和国家の作り方 コスタリカの奇跡」●
・=A Bold Peace=

監督/プロデューサー: マシュー・エディー、 マイケル・ドレリング
制作:ソウル・フォース・メデイア
制作協力:スパイラル・ピクチャーズ
配給:ユナイテッドピープル 2016年/アメリカ・コスタリカ/90分
ーーーーーーーー
①(注)=この日、9月29日・土・孫の保育園の運動会の日でもありました。
孫二人、2歳半になります。
両親、とも働きで、なかなか、よくやっている。
そういうわけで、朝8時30分、野田市・南部小学校へ。
荒川区・町屋駅から電車を乗り継いで梅郷駅へ。
車で迎えに来てもらって、会場まで1時間で着きました。
台風の影響で会場が、急遽、校庭から体育館へ変更になりました。
子供さんは、1歳から年長まで全部で60人位かな。
それに、両親とそれぞれのボクタチのような祖父母さんと、体育館は中2階席まで満員になりました。
少し、狭い感じ。でも、
体操、遊戯、徒競走、ゲーム、、、精悍な子どもさんもいるが、先生に抱きついて離れなかったり、、可愛いこと、、歓声と拍手と。
保育士の先生方のご奮闘、、いつも笑顔で、、に、
感謝、感謝、謝謝。
礼!

*野田市のレストランで6人で食事をして。
このレストラン、岩手県の花巻から食材を取り寄せているとか。
特産品「ジャパスコ」を買った。ピリ辛。
しっかり食べて、順調、じゅんちょう。
ーーーーーーー
②そういうわけで荒川へ帰って、、映画会は、午後・16:30から見た。
会場は満席。
*◎佐藤幸雄さん(安倍9条改憲NO! 荒川市民アクション呼びかけ人共同代表)の挨拶。
(メモ)
・台風20号の影響jで天気が悪く心配していました。
ご参加に感謝します。
今日、3回目の上映になります。
1回目と2回目、用意した椅子が足りなくなりなりました。
荒川市民アクションは、安倍改憲反対の一点で結びついています。
改憲の息の根を止めるため、集会、駅頭宣伝、募金活動を続けてきました。
コスタリカの憲法と日本国憲法9条は同じだと思います。
しかし、日本では軍隊が作られ、戦争法が作られ、安倍政権のもと、改憲へ進んでいます。
今日は映画を見て、比べてみたいと思います。
(拍手)
ーーーーーーーー
●コスタリカ=国の名前だけは知っているが、詳しいことはわからない、初めて見た、聞いた、という内容だった。
コスタリカ史、国の歴史、近現代史の記録でもある。
断固、見るべし!
ーーー
★広辞苑★
(コスターリカ【Costa Rica】)=(「豊かな海岸」の意) 中米南部の共和国。
1821年、スペインから独立。パナマの西端に接する。
住民はスペイン系が主で、言語はスペイン語。
非武装中立を国策とする。
面積5万1000平方キロメートル。人口430万2000(2011年)
首都サン・ホセ。

【コスタリカ・方式】=(国会議員の連続再戦を禁止するコスタリカの制度を参考にしたところからいう)
同一政党に属する複数の候補者が、選挙ごとに小選挙区制と比例代表区とに交代で立候補する方式。
ーーー
【作品紹介】
=シネ・フロント:別冊38=
■映画概要
1953年、アメリカのアイゼンハワー大統領は、軍産複合体を批判する有名な演説「鉄の十字架」、別名「平和に機会を」で「世界は別の道を選ぶことはできないだろうか?」と問いかけた。
今日のコスタリカに、その「別の道を」見出すことができる。
(拍手)
コスタリカは、1948年に常備軍を撤廃。
1949年には憲法にも規定された。
以来、軍隊に頼らず、条約や国際法、そして国際機関との関係を強化しながら国際的な関係性の中で独自の安全保障体制を構築していった。
莫大な予算が必要となる軍事費の支払いから開放されたコスタリカは、この予算をよりよい教育や国民皆保険制度の実現のために振り分けてきた。
1948年12月1日に軍隊廃止を宣言したホセ・フィゲーレス・フェレールの「兵士よりも多くの教師を1」というスローガンは有名だ。
このように、コスタリカは国際的な連帯や国際法を基にした平和国家建設への道を決断し、70年近く常備軍をもつことなく平和を維持してきた。
本作は、コスタリカを根底から揺るがした1948年の内戦から軍隊廃止までの道筋を紹介する。
コスタリカはこれまで幾つかの重大な危機を乗り越えてきた。
しかし、直面する現在の危機が最も手強いのかもしれない。
・・・・
見るべし!

|

« 講演・「荒川区政の現状と区議選の対決点・・・共産党荒川区議会議員団の値打ちと実績」(横山幸次日本共産党荒川区議団幹事長)を聞く。 | Main | 斉藤くに子共産党荒川区議・9期目を目指す・「区議選・参院選勝利のために!くに子のキックオフ集会」へ参加した。 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画・「積極的平和国家の作り方 コスタリカの奇跡」(安倍9条改憲NO! 荒川市民アクション上映会)を見る。:

« 講演・「荒川区政の現状と区議選の対決点・・・共産党荒川区議会議員団の値打ちと実績」(横山幸次日本共産党荒川区議団幹事長)を聞く。 | Main | 斉藤くに子共産党荒川区議・9期目を目指す・「区議選・参院選勝利のために!くに子のキックオフ集会」へ参加した。 »